トップ «前の日記(2010-10-31) 最新 次の日記(2011-01-01)» 編集

佐武郎の孫より


2010-11-02 奏鳴館 続  「館長(代)の力作」

・ ちょっと間が空いてしまいましたが、下諏訪「奏鳴館」館長(代)の力作をお届けします。

・ 下諏訪といえば「御柱祭」が有名だそうです。”だそうです”というのはTVではあっても実際に見たことがないので、そう言わせていただきます。

柱を選んでお祓いをし、切出した大木を運びだし奉納するというのが簡単な流れだそうです。

詳しくは

http://www.onbashira.jp/

にてご覧ください。

・ 奏鳴館には実際に御柱と同様の儀式を経て切出された柱が、ヨーロッパやアメリカ製のオルゴールたちを見渡すかのようにホールの中央にそびえ立っています。そして、その周りを1周するミニチュア御柱と沢山の人形たちが祭の賑わいを再現してくれます。自分が見たのは閉館を知らせる17時の演奏。そう、これもオルゴールといってもデジタルですが。

しかし、人形の動き一つとっても流石エンジニア!こだわってますよ。

あまり詳しく書くと、見たときの感動が薄れますので止めときます。

・ それと、余談ですが…。HPのコンテンツの中に「アンティークオルゴールを販売中。この機会に是非。」とありますが…(ー_ー)!!

一般市民には難題が多そうです(笑)

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明
本日のリンク元